公開 更新

【初心者向け】Googleアナリティクスの基本用語、ユーザー、セッション、直帰率、セッション継続時間、ページビューはこうやって理解しよう

Googleアナリティクスでサイトのアクセス分析をしてみようと思ったけど、
画面にでてくる用語がなんのことやらわからない」、
なぜいちいちこんなわかりにくい用語を使うんだ

といった悩みや疑問を解消すべく、
今回はアナリティクスに登場する謎のIT用語を解説してみました。

このようなIT用語というのは、実は詳しい方でも「きちんと説明してよ」って言われれば、なかなか難しいものです。初心者の方はもちろん、詳しい方も復習の意味で一読いただければ幸いです。

Googleアナリティクスのホームにある基本用語

Googleアナリティクスのホーム画面を見てみると、まず最初に目につくのが
ユーザー
セッション
直帰率
セッション継続時間
の4つの用語。

Googleアナリティクスのホーム画面

ホーム画面にあるくらいだから、とても重要な数字なのでしょう。

ユーザーとは

まずは「ユーザー」から。

ユーザーとは、一般的には、何かそれを利用する人のことを言いますね。
だったらアナリティクスでも「人の数」、と理解してよいのでしょうか?

いえ、実は少し違うのです。

例えばあなたがあるサイトに「パソコンでアクセスした」場合、
ユーザーの中の1人としてまずは数えられます。

次にあなたが同じサイトに「スマホからアクセスした」場合、
実は「異なるユーザーの1人」として数えられてしまいます。

そうです、同じ人なのに2人の人として数えられてしまうのです。

Googleアナリティクスでは、「ユーザー数」は「人の人数」をあらわしているわけではなく、「ブラウザの数」をあらわしています。

ブラウザとは、ウェブサイトを閲覧するためのソフトで、iPhoneの場合は「Safari」、パソコンの場合は「Google Chrome」、「Internet Explorer」、「Safari」、「Firefox」などです。

厳密には、ブラウザの「cookie(クッキー)」という「お菓子な」仕組みを利用していますが、クッキーについてはこちらの記事で、ブラウザについてはこちらの記事で「専門用語抜き」で詳しく解説していますので、読んでみてください。

【初心者向け】だからブラウザって何なんですか?「わかるように」説明してくれますか?

IT系の人って初心者が知らない用語をあたかも知っている前提で話をしてきますよね。こんな感じで憤ってる方のために、この記事では、インターネットをするソフト「ブラウザ」について初心者でもスッキリわかるように難しい言葉は抜きで解説していきます。

もっと詳しく

【初心者向け】クッキーってそもそもお菓子でしょ?なんでインターネット用語ででてくるの?

IT系の人にインターネットをするときに質問したら「それはクッキーを消せばいい」ってよく答えられますが、そもそも「クッキー」ってお菓子の名前でしょ!?なんでインターネットに関係あるの?そんな切実な疑問に答えます。初心者でもスッキリわかるように専門用語を使わないように説明していきます。

もっと詳しく

セッションとは

次は「セッション」です。

こちらもアナリティクスで最も基本となる数値の1つです。

スポーツで例えると「1ゲーム」単位のことで、
野球」であれば「9回裏まで
サッカー」であれば「後半終了、延長があればそれまで
ゴルフ」であれば「フルコースなら18番ホールが終わるまで
ですね。

要は、サイトを訪問した回数のようなもので、「そのサイトにやってきた瞬間から離脱した瞬間までを1回」として数えられます。

ですが、訪れたあとに30分以上何もしなかったりするとそこでセッションが終了してしまいます。

また、あくまで「サイト単位」であり「ページ単位」ではありません。ページがたくさん集まったものがサイトですね。

直帰率とは

続いて「直帰率」です。

直帰率は、そのサイトの1ページ目だけに訪れて、すぐに戻るボタンを押した比率のことです。

直帰率にはパターンが2つあり「なんか違う」って思われてすぐに立ち去った、もしくは「もうOK」って思われてすぐに立ち去った、です。

直帰率は「直帰したセッション数÷閲覧開始数」という計算式で割り出しますが、計算式にすると想像しにくいので、

夏の高校野球の試合を観に来たが「1回表で暑くてつまらなそうなので」家に帰った観戦者の比率

もしくは

夏の高校野球の試合を観に来たが「1回表で、応援している高校が勝つってわかったから」家に帰った観戦者の比率

と考えるとわかりやすいです。

もしあなたのサイト内に、ものすごく直帰率の高いページがある場合、そのページはユーザーさんが必要としている内容になっていないかもしれませんが、直帰率には、良い場合と悪い場合があります。その辺の詳細については下記の記事をご参考に。

直帰率が高いとダメなのか?大丈夫!文字数と滞在時間をみて見よう!

Googleアナリティクスの直帰率とは何なのか?高いと何がダメなのか?改善するにはどうすれば?そんな疑問に答えます。大丈夫。直帰率が高くても良い印象の場合もあります。大事なことは文字数と滞在時間を見ることと、ユーザーに役立つ記事を書くことです。

もっと詳しく

セッション継続時間とは

先に述べた「セッション」との兼ね合いになりますが「セッション継続時間」は、そのサイトに滞在した合計時間の平均値をあらわします。

夏の高校野球の観戦者が「試合を観た時間の平均」

とでもいいますか。

この数字はサイトの内容によって違います。ですが、「長ければいい」、「短ければダメ」よって一概には言えません。短い記事がたくさんあるサイトでも、中身が濃くて人気のサイトはあります。セッション継続時間はあくまで指標の一つとして見てください。

ページビューとは

ホーム画面にはありませんが、もう一つ重要な数字が「ページビュー」です。よく「PV」と訳されます。

ただ単に「ページビュー」とだけ表示されていれば、それは「リンクを押した回数」となりますが、

1ユーザーあたり」だったり、「1セッションあたり」だったりと、他の数字との兼ね合いでよく表されます。この数字が高ければ高いほど、「よく読まれている」サイトと言えますね。